産経ニュース

【主張】釜山の慰安婦像 反日では墓穴掘るだけだ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
釜山の慰安婦像 反日では墓穴掘るだけだ

韓国・釜山の日本総領事館前に設置された少女像に黙とうする女性たち=6日(聯合=共同) 韓国・釜山の日本総領事館前に設置された少女像に黙とうする女性たち=6日(聯合=共同)

 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が不法に設置された問題で、政府が駐韓大使の一時帰国などの措置をとった。

 遅きに失した感は否めないが、当然の対応だ。法を守らず、事態の悪化を放置する国を信頼することはできない。

 およそ近代国家の体を成さない状況が、自らの国際的信用を失っていることを韓国はよく認識してもらいたい。

 像の設置は、外国公館の安寧と尊厳を守るウィーン条約に明らかに反する。

 そもそも、再び慰安婦像を反日行動の象徴として持ち出すのは、少女を拉致して性奴隷にしたなどと嘘を唱え、歴史を歪(ゆが)めて日本をおとしめるためだろう。

 ソウルの日本大使館前に置かれた慰安婦像も未撤去だ。新たな像の設置は、慰安婦問題の最終的解決をうたった一昨年末の日韓合意をさらに踏みにじるものだ。

 釜山に像を設置したのは学生らでつくる市民団体だという。

 与党セヌリ党系の釜山市長や地元の釜山市東区の区長は当初、設置を認めない方針を示していた。昨年12月28日に一時、置かれたものの、すぐに撤去された。

 ところが、数日後には一転して設置された。撤去に抗議する電話などが殺到したためだという。区長は「自治体が対応するのは難しい」と述べたが、反日世論に押され、不法を許した格好である。

続きを読む

「ニュース」のランキング