産経ニュース

【産経抄】プーチン大統領、東洋美人を絶賛 ただ食いはご勘弁を 12月18日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
プーチン大統領、東洋美人を絶賛 ただ食いはご勘弁を 12月18日

東京で「日露ビジネス対話」に出席したロシアのプーチン大統領と安倍首相=16日 東京で「日露ビジネス対話」に出席したロシアのプーチン大統領と安倍首相=16日

 15日夜に、山口県長門市の温泉旅館「大谷山荘」で行われた安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の夕食会(ワーキングディナー)のメニューを、岸信夫外務副大臣が17日、フェイスブックで紹介していた。いわく「地元の食材をふんだんに使っています。でも夜中にこんなに食べちゃぁ…」。

 ▼確かにカニ、トラフグ、長萩(ちょうしゅう)和牛、ノドグロ、アンコウと贅(ぜい)を尽くした旬の食材を用いた料理が20品目近く並んでいる。プーチン氏は長旅の疲れをものともせず、そのすべてに口を付けたというから、相当な健啖(けんたん)家であることは間違いなかろう。

 ▼「素晴らしいお酒だ。お薦めする」。16日の安倍首相との共同記者会見では、プーチン氏が夕食会で飲んだ萩市の地酒「東洋美人」をこう絶賛する場面もあった。古今東西、うまいものを食べおいしい酒を飲んで、機嫌が悪くなる人はおるまい。

 ▼幕末に江戸勤番を命じられた和歌山藩の下級藩士、酒井伴四郎は日々の飲食事情を日記に詳細に書き残している。青木直己氏の『下級武士の食日記』(筑摩書房)を読むと、江戸時代の勤番侍が倹約を旨としながらも、想像以上に豊かな食生活を送っていたことが分かる。

続きを読む

「ニュース」のランキング