産経ニュース

【iRONNA発】カジノ解禁 国家哲学のない賭博の「合法化」 津田岳宏氏

ニュース コラム

記事詳細

更新

【iRONNA発】
カジノ解禁 国家哲学のない賭博の「合法化」 津田岳宏氏

衆院本会議のカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案の採決で、起立して賛成する自民党の二階俊博幹事長(右から2人目)、細田博之総務会長(中央)ら=6日午後 衆院本会議のカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備推進法案の採決で、起立して賛成する自民党の二階俊博幹事長(右から2人目)、細田博之総務会長(中央)ら=6日午後

 日本でもついにカジノが解禁される。そもそも刑法が禁じる賭博を例外的に「合法化」するという、かなり強引な理屈だが、解禁されれば経済効果も大きいらしい。ただ、ことがギャンブルだけに、誰かが得をすれば必ず損もする。むろん、巨大利権の温床にもなる。カジノ解禁の是非を法律論から読み解く。(iRONNA)

 私はカジノ解禁に賛成であるが、解禁については大きな法的問題点があることも確かだ。刑法の賭博罪との整合性である。カジノの経営は、賭博場開張等図利罪に該当する行為である。よって、これを解禁するためには特別法を制定する必要がある。

 この点、日本ではすべての賭博が禁じられているわけではない。公営競技である競馬や競輪は賭博ではあるが、特別法により認められている。とすれば、カジノにおいても同様に特別法をつくればすむのではとも思えるが、ことはそう簡単ではない。

続きを読む

このニュースの写真

  • カジノ解禁 国家哲学のない賭博の「合法化」 津田岳宏氏

「ニュース」のランキング