産経ニュース

第32回正論大賞 受章者の喜びの言葉 ≪大賞≫木村汎氏「育てていただき深謝の気持ち」

ニュース コラム

記事詳細

更新


第32回正論大賞 受章者の喜びの言葉 ≪大賞≫木村汎氏「育てていただき深謝の気持ち」

木村汎氏 木村汎氏

そうすれば、忽(たちま)ち読者諸賢兄姉から「結局、お前は何が言いたいのだ?」とのお叱りを頂戴すること必定。そのために、専門論文ですら漫然と書きはじめる怠惰な私が、“正論”用には手許(てもと)のメモ用紙に3つばかりの要点を記してから原稿用紙に向かう習慣をいつしか身につけることになった。

 身の程知らずとの批判をうける覚悟で敢えていうなら、私はこれまで研究者と評論家との二足のわらじを履く決意でやってきた。前者はともかく、今回後者に関してお墨付きを戴いたようにも感じ、大変嬉(うれ)しかった。

                   

【プロフィル】木村汎

 きむら・ひろし 昭和11年、京城(現ソウル)市生まれ、京都大学法学部卒、同大大学院修士課程修了。指導教員は猪木正道氏。米コロンビア大学Ph・D。45年から北海道大学法学部助教授、52年に同大学スラブ研究センター教授、平成3年に同大名誉教授、国際日本文化研究センター教授に。著作に「ソ連とロシア人」「ソ連式交渉術」「総決算 ゴルバチョフの外交」「ボリス・エリツィン」「遠い隣国 ロシアと日本」「日露国境交渉史」「プーチンのエネルギー戦略」「現代ロシア国家論」「メドベージェフvsプーチン」「プーチン 人間的考察」「プーチン 内政的考察」など。実父は民法学者の木村常信京大名誉教授、実姉は推理小説作家の山村美紗氏で、女優の山村紅葉さんは姪にあたる。昭和52年10月から産経新聞「正論」欄執筆メンバー。平成14年に第14回アジア・太平洋賞大賞受賞、28年春に瑞宝中綬章受勲。

続きを読む

関連ニュース

第32回正論大賞 受章者の喜びの言葉 ≪新風賞≫ 井上和彦氏「取り戻したい『日本人の安全保障感覚』」

「ニュース」のランキング