産経ニュース

【中江有里の直球&曲球】日頃の準備や被災後行動の想定怠れば命は守れない

ニュース コラム

記事詳細

更新

【中江有里の直球&曲球】
日頃の準備や被災後行動の想定怠れば命は守れない

 イベントでは被災者が語る「もし、1日前に戻れたら…」というエピソード集の冊子が配られた。地震だけでなく、大雨の被災者の経験談もある。場所は自宅、職場、田んぼ、工事現場など、早朝、昼間、夜中と災害が起きる時間は見当もつかない。出先で災害が起きた場合も考えておかなければならない。

 被災直後の行動、日頃の準備などをシミュレーションする大事さを怠れば、自分の命は守れないのだとあらためて感じた。

                   

【プロフィル】中江有里

 なかえ・ゆり 女優・脚本家・作家。昭和48年、大阪府出身。平成元年、芸能界デビュー、多くのテレビドラマ、映画に出演。14年、「納豆ウドン」で「BKラジオドラマ脚本懸賞」最高賞を受賞し、脚本家デビュー。フジテレビ「とくダネ!」にコメンテーターとして出演中。

関連ニュース

【中江有里の直球&曲球】週刊誌発スキャンダルで「鬱憤晴らし」する日本の醜態 米アカデミー賞映画『スポットライト 世紀のスクープ』に思う「報道とは」

「ニュース」のランキング