産経ニュース

【主張】東京都と組織委が見るに堪えないさや当て合戦…五輪会場問題、スポーツ界が意見を持て

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
東京都と組織委が見るに堪えないさや当て合戦…五輪会場問題、スポーツ界が意見を持て

 2020年東京五輪・パラリンピックの会場整備問題で、水泳とボート・カヌー会場が現行計画通りに建設されるとの結論が出た。

 「アスリート・ファースト(選手第一)」という招致時の理念を考えれば妥当な判断だろう。

 東京都の小池百合子知事が「都民ファースト」を掲げて、既存施設の活用を重視したことは混乱を招いたが、「蛇が出そうで蚊も出ぬ」との批判は当たるまい。

 議論を通じて、2会場とも建設費が乱高下した経緯が明らかになった。都や大会組織委員会による大会経費の試算が、いかにずさんなものであったかを世に示した意義は大きい。

 ただし議論がコスト削減一辺倒では、五輪の本質を見失う。新設の競技会場を、五輪後も長く活用する「レガシー(遺産)」として残すためには、必要なコストを惜しむべきではない。

 今月下旬に結論が持ち越されたバレーボール会場も、建設費約340億円の「有明アリーナ」か、既存施設活用の「横浜アリーナ」かの観点だけではなく、後世に価値あるものを残すという理念に沿って結論を出してほしい。

 会場整備をめぐる混乱は「スポーツの価値」も問いかけている。残念なことに、一連の議論ではスポーツ界の影が薄い。日本水連と日本バレーボール協会は、新設会場の有効活用を提言する文書を作成したが、遅きに失した感は否めない。本来は、会場整備計画の中にスポーツ界の意見が反映されてしかるべきだった。

続きを読む

関連ニュース

【東京五輪】「小池百合子さんに少しがっかりした人多い」「小池劇場の正念場」と漫画家の倉田真由美さん

「ニュース」のランキング