産経ニュース

【主張】カストロ氏の死去 「革命」の美名捨て自由を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
カストロ氏の死去 「革命」の美名捨て自由を

 トランプ次期米大統領はカストロ氏の死去に際して「残忍な独裁者」と氏を酷評した。キューバへの制裁緩和の撤回も示唆する。

 仮に制裁をさらに緩和するなら、言論の自由の尊重や政治犯の釈放などの条件を具体的に付け、民主化を促すのは当然である。

 排他的な側面を持つ「米国第一主義」に基づいて対立を高めるのではなく、開かれた国にするための圧力をかけるようトランプ氏には求めたい。対応を誤って新たな緊張要因が生じれば、国際社会の平和と安定を妨げる。

 キューバにとって、対米関係の改善は日本を含む世界との扉を開くことを意味する。各国からの支援や企業進出でキューバが受ける恩恵は大きい。

 日本も、民主化を後押しする形でキューバとの関係を深めていくべきだ。米新政権との連携が問われる場面も訪れよう。

関連ニュース

【カストロ前議長死去】首都ハバナで追悼準備、最大100万人参加か

「ニュース」のランキング