産経ニュース

【津田俊樹のスポーツ茶論】五輪テロ、米スター軍団の備え 選手村使わず豪華客船貸し切り

ニュース コラム

記事詳細

更新

【津田俊樹のスポーツ茶論】
五輪テロ、米スター軍団の備え 選手村使わず豪華客船貸し切り

 安心、安全は2020年東京五輪・パラリンピックの最重要テーマの一つである。警備計画では警察、消防、警備会社、民間ボランティアなど合わせて約5万人が携わるという。アリの這(は)い出るスキもない体制を敷き、万が一に備える。

 それでも、自らは自らで守るとビッグマネーを投資するのが、バスケットボール米国代表チームである。

 8月のリオデジャネイロ五輪では、男女とも選手村に入らず、豪華客船「シルバー・クラウド号(1万6800トン、乗客296人収容)」を貸し切り、桟橋を制限して出入りを厳しくチェック、不審人物を寄せ付けなかった。

 通常なら、世界中のセレブを乗せて七つの海をクルージングする船には、プール、カジノ、図書館、アスレチックジムなどがある。選手、コーチのほか医療スタッフ、コック、家族や友人、約100人以上が乗り込み、金メダルを獲得した。ニューヨーク・タイムズ紙は1部屋1週間で1万3千ドル(約130万円)と伝えたが、チャーター費用の総額は不明という。

 同船の日本代理店は「確かに私どもの船です。ロンドン五輪でも、どちらの方々とは申し上げられませんが、利用していただきました」と話す。オリンピック・ファミリー御用達なのかもしれない。

続きを読む

関連ニュース

【正木利和のスポーツ茶論】広島に受け継がれる「あきらめない精神」

「ニュース」のランキング