産経ニュース

【産経抄】鳥越俊太郎氏が太刀打ちできる相手ではない。戦い上手はわかった。次の手は? 8月2日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
鳥越俊太郎氏が太刀打ちできる相手ではない。戦い上手はわかった。次の手は? 8月2日

 東京都知事選で圧勝した小池百合子氏は、尊敬する人物として、エジプトのサダト元大統領を挙げている。小池氏は、1971年から76年まで、カイロ大学に留学していた。

 ▼日本からやって来る政治家や経済団体が中東の要人と会見する際、アラビア語の通訳として駆り出されることも多かった。サダト大統領とも官邸で、何度も顔を合わせている。

 ▼73年の第4次中東戦争でイスラエルと戦ったサダト大統領は、4年後に「敵国」を電撃訪問して、世界を驚かせた。カーター米大統領、ベギン・イスラエル首相と「キャンプデービッド合意」を締結して、ノーベル平和賞も受賞している。しかし、81年10月、イスラム原理主義者の凶弾に倒れた。

 ▼小池氏は、平成17(2005)年の郵政選挙で、真っ先に「刺客」の名乗りを上げた。防衛相時代は、事務次官と刺し違えるようにして辞任している。政治家としての経歴を振り返ると、まさに怖いもの知らずの一言に尽きる。その原点にあるのは、文字通り命がけで闘っている、中東の政治家たちの姿であろう。

続きを読む

「ニュース」のランキング