産経ニュース

【話の肖像画】タレント・萩本欽一(2)酔わせる言葉は人を動かす

ニュース コラム

記事詳細

更新

【話の肖像画】
タレント・萩本欽一(2)酔わせる言葉は人を動かす

駒沢大学仏教学部の入学式にはスーツ姿で出席した=平成27年4月 (今野顕撮影) 駒沢大学仏教学部の入学式にはスーツ姿で出席した=平成27年4月 (今野顕撮影)

 〈昨年4月、駒沢大学の入学式に出席後、「大学では、おじさんと呼ばれることを覚悟していた。でも教授からも学生からも“欽ちゃん”と呼ばれた。それがうれしかった」と相好を崩したが、その後も学生たちと交流を深めている。正月の風物詩「箱根駅伝」の優勝経験もある陸上競技部駅伝チームのスペシャル・サポーターにも任命された〉

 陸上競技部の大八木弘明監督から「(部員たちを)言葉で精神的に支えてほしい」と言われたの。それで引き受けたんだ。

 部員たちとは記者会見の練習をしました。僕がインタビューし、部員たちの返答に対して「その言葉はつまらない」などと言ってあげたんだよ。大八木監督には「記者会見でマイクを向けられたら、なるべく泥臭い言葉を言ってください」と頼みました。青山学院大(同年の優勝校)の監督はさわやかな雰囲気があると感じたんだよね。対照的に大八木監督は、演歌の歌詞のような渋い言葉が似合うと思ったんだ。

 箱根駅伝の壮行会では、「『感動を与えたい』『感動を(選手から)もらいました』という言葉はよく使われる。でも走る本人が感動してください。見ている人を感動させようと思う必要なんてないと思います」というような激励のあいさつをしたの。

続きを読む

「ニュース」のランキング