産経ニュース

【ソウルからヨボセヨ】ビールは「アサヒ」より「サンケイ」を ついに現れた白い割烹着のママ!

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ソウルからヨボセヨ】
ビールは「アサヒ」より「サンケイ」を ついに現れた白い割烹着のママ!

 韓国では近年、キムチや生ニンニク、コチュジャンが出る伝統的(?)な韓国化された日本料理屋「日式(イルシク)食堂」はしだいに姿を消し純日本風の店が続々、開店している。日本風・居酒屋やすし屋の開店ブームは依然、続いているが最近、感動したのは純日本風・小料理屋までお目見えしたことだ。

 都市再開発で高層ビルが増え、人気のビジネス街になっているソウル・麻浦(マポ)のマンション1階にオープンしたカウンター式小料理屋「はるか」。驚いたことに主人のママが和服に白い割烹(かっぽう)着の完全な“女将(おかみ)さん”スタイルなのだ。この風景は韓国では史上初めてでまさに快挙(!)である。

 彼女は以前、日本人客がよく来るバーに勤めていたことがあるといい、日本語は完璧で知識も豊富。留学経験もあって日本事情に詳しい。カウンターのなかで女将がかいがいしく動きながら客と会話を交わすという「日本風小料理屋をやるのが夢だったのよ」とか。

 そこで少々、テストしてみた。「ビールは何があるの?」「アサヒです」「えーっ、サンケイはないの? サンケイの方がスカッとした味なんだけど」「すみません。ヨミウリも置いてませんので…」といささかも動じずニッコリ。

 筆者のジョークにこの対応は素晴らしい。合格!(黒田勝弘)

「ニュース」のランキング