産経ニュース

【主張】中国軍機の威嚇 愚かな好戦的飛行やめよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
中国軍機の威嚇 愚かな好戦的飛行やめよ

 日本の空を断固守り抜く。その覚悟が問われている。

 尖閣諸島(沖縄県)周辺の公海上空で6月中旬、日中の戦闘機が空中戦の一歩手前までいく事態になっていたことが分かった。中国機の攻撃的飛行が原因である。

 最も緊迫したケースでは、緊急発進した航空自衛隊機に対し、中国機がミサイルを発射できる態勢をとった。空自機はミサイルを回避する装置(フレア)を作動させた。

 中国機の常軌を逸した行動は許されない。政府は事態を国民に説明するとともに、中国に対して強く抗議すべきだ。

 中国は6月上旬には海軍艦艇を日本の接続水域や領海に侵入させた。ほぼ同時期に空軍戦闘機も威嚇に用いていたことになる。

 中国は平成25年11月に尖閣上空を含む東シナ海への防空識別圏設定を強行したが、それでも尖閣周辺への飛来は控えていた。ここへきて自制心を失い、相次ぐ挑発行動に出ていると見るしかない。

 こうした行動は愚かさを示すもので、何の強さの証明にもならない。空自機が冷静な判断で不測の事態を避けたのは妥当だった。

 日中間の航空戦力のバランスはかつて日本優位にあったが、中国の軍拡で変化しつつある。それが中国側の強気の背景にあるのだろう。空自は1月、那覇基地のF15戦闘機を倍増し、40機体制としたが、一層の増強が必要だ。

続きを読む

「ニュース」のランキング