産経ニュース

【正論】妖怪が日本国を徘徊している。立憲主義という妖怪が… 駒沢大名誉教授・西修

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
妖怪が日本国を徘徊している。立憲主義という妖怪が… 駒沢大名誉教授・西修

西修・駒沢大学名誉教授 西修・駒沢大学名誉教授

 -ひとつの妖怪が日本国を徘徊している。それは立憲主義という妖怪である-

 ご存じ、マルクスとエンゲルスの共著『共産党宣言』の冒頭をもじったものだ(同宣言中のヨーロッパを日本国に、共産主義を立憲主義に言い換えた)。

 ≪横行する手前勝手な決めつけ≫

 近年、いろいろな場面で立憲主義という言葉が用いられている。ただし、正確に使用されているとは言いがたい。一部のメディアなどが盛んに唱えているのは、「憲法とは国家権力を縛る」ものと定義づけ、「国民は憲法を守る義務を負わない」「集団的自衛権を全面的に禁止していた政府解釈を変更することは立憲主義の破壊である」などの言説である。

 はたして立憲主義に関するこのような捉え方は、正しいだろうか。

 第1に、「憲法とは国家権力を縛るもの」という定義それ自体がいたってあいまいである。そのあいまいさをよりどころにして、自分たちの意に沿わない行為が国家によっておこなわれれば、立憲主義違反と決めつける。実に手前勝手な立憲主義論が横行しているように思われてならない。

「ニュース」のランキング