産経ニュース

【主張】女児殺害に無期 裁判員の判断尊重したい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
女児殺害に無期 裁判員の判断尊重したい

 取り調べの可視化による録音・録画の存在と裁判員の日常感覚と常識が導いた判断といえる。

 栃木県今市市(現日光市)で平成17年に起きた小1女児殺害事件で、殺人罪に問われた被告に、宇都宮地裁の裁判員裁判は、検察側の求刑通り無期懲役の有罪判決を言い渡した。

 被告は捜査段階で殺害を自白したが、公判では無罪を主張していた。事件から殺人容疑での逮捕まで9年の歳月を要し、凶器が発見されないなど物的証拠に乏しく、裁判員らは極めて難しい評議を強いられた。

 検察側は、犯行時の自動車ナンバー読み取り装置(Nシステム)の記録や、遺体に付着した猫の毛の鑑定結果などの物的証拠を積み上げたが、これらは判決でも「客観的事実のみから被告人の犯人性を認定することはできない」との評価にとどまった。

 法廷では、検察、弁護側双方が同意した計7時間を超える録音・録画が再生された。

 被告が殺害を自白し、犯行を再現する場面もあった。検事が声を荒らげるシーンもあり、弁護側は「自由意思に反した自白である」と主張していた。

「ニュース」のランキング