産経ニュース

【産経抄】人の知能しのぐAI実現までの道のりは意外と遠い? 3月27日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
人の知能しのぐAI実現までの道のりは意外と遠い? 3月27日

 〈うつくしきもの〉とお題を示され、どう答えたものか。古典通なら5秒と要るまい。

 ▼〈瓜(うり)にかきたるちごの顔〉。『枕草子』で清少納言が好んだ、言葉遊びである。「物(もの)は付(づ)け」という。〈遠くて近きもの〉では人情の機微をうたっている。〈極楽。舟の道。人の中〉。極楽と舟の道中は皮肉として、「男女の仲」は古今を問わぬ名言だろう。

 ▼才女で鳴り響いた清少納言が、生きていればと夢想する。人工知能(AI)の研究が進めば、絵空事でなくなるかもしれない。物故した短編作家の全作品を解析し、新たな短編を執筆させる。未完のまま作者が没した長編小説を書き継がせる。AIの分野でそれらの試みが進んでいることは、以前に紹介した。王朝時代をしのぶよすがもない世相を、電脳空間の女史はどのように切り取るだろうか。

「ニュース」のランキング