産経ニュース

【主張】国歌斉唱 背向けるのは恥ずかしい

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
国歌斉唱 背向けるのは恥ずかしい

 国立岐阜大学の学長が卒業式や入学式で国歌斉唱しない方針を示したことに対し、馳浩文部科学相は「国立大学として恥ずかしい」と述べた。

 国旗、国歌に敬意を払い、節目となる式典で国歌斉唱するのは自然な姿だ。それができない大学が少なくないことは残念である。

 国立大の式で国旗掲揚、国歌斉唱を行わない大学があることは、昨年、国会の質疑で取り上げられた。文科省によると、昨春の卒業式で国立大86校のうち、国旗掲揚したのは74校、国歌斉唱は14校にとどまっていた。

 これを受け昨年6月の国立大学長会議で、当時の下村博文文科相が「各大学の自主的な判断に委ねられる」としたうえで、適切に行うよう要請した経緯がある。

 今回の馳氏の発言は、2月17日の岐阜大の森脇久隆学長の記者会見を受けたものだ。同大では国旗掲揚は行っているが、国歌斉唱はせず、今春もこれまで通り、伝統ある前身校の校歌を愛唱歌として歌うという。

 校歌、愛唱歌が、国歌斉唱しない理由になるのか疑問だ。ただ、岐阜大を含め斉唱しない大学が多いのは、実施に反対する一部の教員らがおり、混乱をおそれてのことだろう。

「ニュース」のランキング