産経ニュース

【主張】組み体操 一律禁止いかがなものか

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
組み体操 一律禁止いかがなものか

 千葉県流山市の全ての市立小中学校が平成28年度から、運動会の組み体操を全面廃止すると決めた。大阪市教委も同年度から市立学校にピラミッドとタワーを禁じることを決めている。

 馳浩文部科学相は「実施の自制を求めたい」と今年度内に事故防止に向けた指針を示す意向だ。骨折などの重大事故が後を絶たないためだが、一律の全面廃止は、さすがに過剰反応だろう。日本の教育現場は、そこまで信用が置けないのか。

 議論のきっかけとなったのは、昨秋、大阪府八尾市の中学校で10段ピラミッドが崩れる様子の動画が投稿され、注目を集めたことだった。この事故では6人が負傷したという。

 10段のピラミッドは高さ約7メートルに及ぶ。転落や崩落で大けがの恐れがあることは誰でも分かる。こうしたケースでは、まず、学校長や教職員の常識を疑う。

 日本スポーツ振興センター(JSC)によると、組み体操による事故は23年度以降、4年連続で8千件を超えており、うち骨折は毎年、2千件以上にのぼる。

 背景には、一部の学校でピラミッドやタワーの高層化が進んでいることがあるという。より大きな達成感を求めてのことだろうが、明らかな危険を伴う演技の強制が許されないのは当然だ。

「ニュース」のランキング