産経ニュース

【主張】丸山氏発言 立法府への信頼損ねるな

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
丸山氏発言 立法府への信頼損ねるな

 言論の府の一員とも思えぬ軽率な発言に、開いた口がふさがらない。

 自民党の丸山和也法務部会長が参院憲法審査会で、米大統領は黒人の血を引く奴隷などと語り、後に陳謝した。

 二院制のあり方をテーマとした議論に、どうつながるのか。意味不明の発言は、人種差別的な響きを持つ不適切なものと受け止められてもやむを得まい。

 いったい法務部会長という職責に堪えられる人材なのか。

 丸山氏の発言は、オバマ大統領を念頭に米国で黒人大統領が登場したとして、「建国当初、黒人、奴隷が大統領になるなんて考えもしない」などという内容だ。

 米国は奴隷制の歴史を持つが、人種差別を克服してきたダイナミックな国であると言いたかったようだ。だが、オバマ氏は奴隷の子孫ではない。父はケニア出身の黒人、母は米カンザス州出身の白人である。話の前提からして間違っている。

 与党の公明党から「何を言いたいのか分からない」と、発言の妥当性に厳しい批判が向けられたのも当然だろう。

 丸山氏が「日本が米国の51番目の州になれば、『日本州』出身者が大統領になる可能性が出てくる」などと述べたのも荒唐無稽である。

「ニュース」のランキング