産経ニュース

【ソロモンの頭巾】太陽研究者の「地球寒冷化」警告 温暖化懐疑派の意見として片付けるな 長辻象平

ニュース コラム

記事詳細

更新

【ソロモンの頭巾】
太陽研究者の「地球寒冷化」警告 温暖化懐疑派の意見として片付けるな 長辻象平

暖冬を襲った記録的寒波で九州では水道管が破損して断水が多発。自衛隊員が給水作業に追われた=1月27日、福岡県大牟田市 暖冬を襲った記録的寒波で九州では水道管が破損して断水が多発。自衛隊員が給水作業に追われた=1月27日、福岡県大牟田市

 春一番が吹いたかと思うと次には寒気に包まれるなど、寒暖の激しい変化が続いている。

 日本の冬を暖かくするはずのエルニーニョ現象が出ている中で、九州が寒波に見舞われ、水道管の破裂が多発するという事態も起きている。

 世界の天気も波乱含みだ。一体、何が起きているのだろう。大気中の二酸化炭素(CO2)の増加による地球温暖化がもたらす気候変動という解釈が普通だが、はたしてそれだけか。

 一方では太陽の活動が低下しているのだ。多くの気象学者は気候への影響は無視できるとみているようだが、太陽物理学者の間では、気温低下に向けての警戒感が強まっている。

「ニュース」のランキング