産経ニュース

【正論】「脅威」の北朝鮮&「裏金」の韓国 両国の茶番劇にだまされるな! 筑波大学大学院教授・古田博司

ニュース コラム

記事詳細

更新

【正論】
「脅威」の北朝鮮&「裏金」の韓国 両国の茶番劇にだまされるな! 筑波大学大学院教授・古田博司

 ここ最近の韓国と北朝鮮のドタバタ劇を見ていて、日本の国民はうんざりしているのではないだろうか。その庶民の常識は正しい。庶民から遊離した一部のマスコミですら、「北朝鮮のネライは」とは、あまり言わなくなった。以上は朝鮮半島問題が、もはや分析段階ではなく、周りの諸国がどうすべきかという、政略段階に入ったことを意味している。

北朝鮮経済を支え続けた韓国

 1月6日の北朝鮮の核実験は水爆ではなく、強化型の原爆だった可能性が高い。今回のミサイル発射実験は、2012年12月の弾道とほぼ同じで、飛距離が少し伸びただけだ。ということは、北朝鮮はアメリカに脅威のメッセージを送っているわけではないのである。脅威になるほどの進捗を見せれば、1月10日の米軍機の示威飛行は、韓国領内にとどまることはなかったであろう。

 これまでの経過を見れば明らかなように、韓国は北朝鮮の経済を支えてきた。

 金大中政権時では、引退後の処遇を恐怖する金大中氏が、当時5億ドルの秘密支援を北に行い、南北首脳会談を実現してノーベル賞の権威付けによってこの恐怖を逃れた。秘密支援は3年後に暴露された。この時北は10億ドルを要求したという。

関連ニュース

【北ミサイル発射 止まらぬ暴走(下)】北朝鮮に核放棄させる手立ては? 包囲網急ぐ米 動かぬ中国 「魔法の杖が欲しい…」

「ニュース」のランキング