産経ニュース

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】政治家はレッテル貼りや机上の空論をやめ、自衛隊の不条理な現状を直視せよ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【櫻井よしこ 美しき勁き国へ】
政治家はレッテル貼りや机上の空論をやめ、自衛隊の不条理な現状を直視せよ

 責任ある政治家は安全保障法制に関する机上の空論をやめて、日本を取り巻く情勢の厳しさに目を開くべきだ。

 9月3日、戦勝70周年記念の軍事パレードで中国が誇った数々の攻撃用弾道核ミサイルを見たか。人民服に身を包んだ習近平国家主席の演説も式典も「日本軍国主義」打倒の抗日要素で色濃く染まり反日戦略の継続を予想させた。

 アジア諸国は軍事力拡大路線の中国を恐れる一方、平和安全法制成立を目指す日本に70~80%台の支持を寄せている。だが、わが国の国会議論にそうしたアジアの声はほとんど反映されていない。

 それどころか、「戦争法案」(社民党、福島瑞穂氏)、「法案を通すために中国脅威論をあおっている」(共産党、井上哲士氏)などと根拠のないレッテル貼りが目につく。国民の理解が進んでいないと論難するが、的外れな彼らの主張が国民の理解を妨げる大きな要因ではないのか。

 現在の法制度がどれほど異常で、通常の国ではあり得ない不条理な負担を自衛隊員に強いているかを私たちは知っておくべきだ。その異常を普通の民主主義の国のルールに近づけるのが、今回の平和安全法制である。

続きを読む

このニュースの写真

  • 政治家はレッテル貼りや机上の空論をやめ、自衛隊の不条理な現状を直視せよ

「ニュース」のランキング