産経ニュース

【主張】米慰安婦像 反日宣伝に黙さず発信を

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
米慰安婦像 反日宣伝に黙さず発信を

 米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会で、慰安婦の碑や像の設置を支持する決議案が審議されている。

 決議案は慰安婦を「性的奴隷」などとする誤解に基づいている。日本をおとしめる反日宣伝を後押しするものであり、看過できない。

 市議11人のうち8人が共同提案した。慰安婦について「日本軍に拉致され、性的奴隷の扱いを受けることを強制された20万人のアジアの女性や少女」と事実無根の説明をしたうえで、像の設置を支持するものだ。

 市民らから意見を聴いた21日の議会では、像設置に反対する在米の日本人らが「性奴隷という表現は不適切」などと意見を述べ、ひとまず採決は先送りされた。

 決議が採択されれば、日本の国民感情を害し、米国との友好関係も損なわれかねない。日本政府は事実の発信を強め、決議が採択されぬよう働きかけるべきだ。

「ニュース」のランキング