産経ニュース

【産経抄】暴走老人 7月2日

ニュース コラム

記事詳細

更新

【産経抄】
暴走老人 7月2日

 私たちは日頃、若者を危険視して、老人を無害な弱者として扱いがちである。「七十にして心の欲する所に従って、矩(のり)をこえず」と孔子も言っている。

 ▼もっとも現実には、平気で矩、すなわち人の道を踏み外す老人も少なくない。芥川賞作家の藤原智美さんは、『暴走老人!』(文春文庫)でそんな実態を描いて、大きな反響を呼んだ。

 ▼確かに、高齢者の犯罪は増え続けている。最近でも71歳の男が、横浜市内の京浜東北線車内で、会社役員の男性にいきなり包丁を突きつける事件があった。大阪府羽曳野市で、「呪い殺してやる」などと叫びながら近隣住民にいやがらせを続ける74歳の女が、ワイドショーで話題になったばかりだ。

 ▼東海道新幹線の車内で、ポリタンクの油をかぶりライターで火を付け、焼身自殺した男も71歳だった。東京都杉並区で1人暮らしをする男は、日頃から年金の受給額に、不満をもらしていたという。理由はなんであれ、なんの関係もない52歳の整体師の女性も亡くなっている。断じて許せない、放火殺人である。

「ニュース」のランキング