産経ニュース

【主張】新国立競技場 日本の信頼損なう変更だ

ニュース コラム

記事詳細

更新

【主張】
新国立競技場 日本の信頼損なう変更だ

 計画を何回変えるつもりか。

 2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場となる新国立競技場(東京都新宿区)について、文部科学省は開閉式屋根の設置が五輪本番に間に合わないことを明らかにした。8万人収容の座席のうち、工費削減のため、可動式座席の一部も仮設に変更する。

 最先端の技術を集めたスタジアムで、世界から選手を迎えるという、2年前の招致公約の破棄といわれても仕方ない。

 サッカーの02年日韓ワールドカップ(W杯)では、旧国立競技場が収容人員などで国際規格を満たさず、試合会場とならなかった。世界に誇れるナショナル・スタジアムを東京に、という国民の願いが新国立競技場の出発点だったはずだ。それも忘れられたか。

 開閉式屋根の設置を行う場合、19年春の完成予定が数カ月後にずれ込み、同年9月開幕のラグビーW杯に間に合わないという。

 宇宙船を思わせる斬新なデザインは、規模が25%も縮小された。消費税増税や東日本大震災の復興事業に伴う資材高騰で、当初1300億円と見積もられた総工費は1692億円に膨らんだ。

「ニュース」のランキング