産経ニュース

【石平のChina Watch】「無条件従属」と「命奪う権限集中」明確に求めた「習近平」…蘇る個人独裁と恐怖政治の亡霊

ニュース コラム

記事詳細

更新

【石平のChina Watch】
「無条件従属」と「命奪う権限集中」明確に求めた「習近平」…蘇る個人独裁と恐怖政治の亡霊

中国河南省に立つ毛沢東像。毛沢東流政治の復活がしのび寄る (矢板明夫撮影)

 先月13日、習近平共産党総書記(国家主席)は党の規律検査委員会で「重要講話」を行った。その中で党内における「政治ルール」の重要性を強調し全党員に対し「ルールの厳守」を呼びかけた。そして19日、人民日報は論評で、習総書記の言う「政治ルール」の解説を行った。

 論評は冒頭から、故人である共産党古参幹部の黄克誠氏の話を取り上げた。黄氏は生前、抗日戦争時代に中国共産党が延安に本部を置いたときのことを次のように回顧したという。「当時、毛沢東主席は電報機の1台で全党全軍の指揮をとっていた。電報機の信号はすなわち毛主席と党中央の命令であり、全党全軍は無条件にそれに従った。疑う人は誰もいない。皆はただ、延安からの電信に従って行動するだけでした」と。

 論評は黄氏の回顧を紹介した上、「これこそはわが党の良い伝統である」と絶賛した。そして、「習総書記の語る政治ルールとは、まさに党の伝統から生まれたこのようなルールである」と結論づけたのである。

 つまり共産党中央委員会機関紙の人民日報は明確に、今の中国共産党の党員幹部に対し、かつて毛沢東の命令に無条件に従ったのと同じように、習総書記に対しても無条件に従うことを要求したのだ。習総書記自身が持ち出した「政治ルール」という言葉の真意は、結局そういうものであった。

「ニュース」のランキング