産経ニュース

【外信コラム】上海余話 焼きそばパンはダメ?

ニュース コラム

記事詳細

更新

【外信コラム】
上海余話 焼きそばパンはダメ?

 「そもそも無謀だったよね」。中国市場で「餃子の王将」チェーンを展開しようと9年前に大連に進出した日本の王将フードサービスの撤退発表を聞いて、上海の友人たちは口をそろえた。「だって中国のお店が本場の日本に進出してすしチェーンを開いても、まず成功はできないでしょ」

 中国では水ギョーザが一般的。だが「鍋貼(グォティエ)」と呼ばれる焼きギョーザも人気がある。本場に挑んだ「王将」のパリっとした焼き具合など、工夫次第では戦えると思っていたのだが、残念だ。

 一方、友人たちのギョーザ論議で説得力があったのは、「主食どうしの組み合わせは中国人は受け入れない」との解説。中国でギョーザは皮の存在から、おかずではなく主食の扱い。それを主食のライスやラーメンといっしょに食べるのは食習慣上ダメらしい。

 王将もメニューはたくさんあったが、主力のギョーザ定食やラーメンギョーザは「栄養バランスが悪い」と地元客の評判はイマイチだったという。

 ギョーザ論議の延長線上で、日本への留学経験のある女性が「焼きそばパン」を初めて見たときの驚きを話し始めると、友人たちは一堂“唖然(あぜん)”。「いや、それがおいしいんだよね」と反論を試みたが、日中の食文化の隔たりは乗り越えられなかった。(河崎真澄)

「ニュース」のランキング