産経ニュース

コラム

コラム

更新

大使館誤爆追悼が示した習近平の赤裸々な対米敵愾心

 今月17日、習近平国家主席はセルビアを訪問した。首都のベオグラードに到着早々、真っ先に訪れたのは市内にある旧中国大使館の跡地である。1999年5月、コソボ紛争の中で米軍機が当時の駐ユーゴスラビア中国大使館を誤爆し、中国人記者ら3人が死亡した。その時、中国政府は「強い抗議」を行ったものの、有効な対抗措置を取ることもなく、「誤爆」という米国側の言い分をそのまま受け入れた。後に、破壊された中国大使館の跡地に、ベオグラード市政府が記念碑を建てた。【続きを読む】

ピックアップニュース

更新 「山陰人」なんてありえない!参院合区は「切り張り」第一声から批判渦巻く もっと見る

連載

「総合」のランキング