産経ニュース

【北海道震度7地震】5人死亡、4人心肺停止 避難6000人 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【北海道震度7地震】
5人死亡、4人心肺停止 避難6000人 

【北海道震度7地震】主な被害状況 【北海道震度7地震】主な被害状況

 6日午前3時8分ごろ、北海道で地震があり、厚真町で震度7を観測した。土砂崩れや家屋の倒壊が相次ぎ、関係閣僚会議で安倍晋三首相は9人が死亡したと述べた。警察庁によると、厚真町で3人、むかわ町と新ひだか町でそれぞれ1人の計5人が死亡し、札幌市などで4人が心肺停止となった。

 北海道は、厚真町で28人が安否不明で、道内のけが人は300人以上、6千人以上が避難したことを明らかにした。

 道内全ての約295万戸が停電した。一部地域で復旧したが、管内全域の復旧には少なくとも1週間かかる見通しで、市民生活に深刻な影響が出ている。

 気象庁によると、震源地は胆振地方中東部で、震源の深さは37キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。安平町とむかわ町で震度6強、千歳市で6弱、札幌市で5強を観測し、余震とみられる地震も相次いだ。気象庁は「平成30年北海道胆振東部地震」と命名した。

このニュースの写真

  • 5人死亡、4人心肺停止 避難6000人 
  • 5人死亡、4人心肺停止 避難6000人 
  • 5人死亡、4人心肺停止 避難6000人 

「ニュース」のランキング