産経ニュース

【北海道震度7地震】道路陥没、冠水の札幌市清田区「余震きたらどうしよう」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【北海道震度7地震】
道路陥没、冠水の札幌市清田区「余震きたらどうしよう」

道路が沈下や隆起した住宅街で、地面から突き出したマンホール=6日午後、札幌市清田区(宮崎瑞穂撮影) 道路が沈下や隆起した住宅街で、地面から突き出したマンホール=6日午後、札幌市清田区(宮崎瑞穂撮影)

 札幌市清田区では、道路が陥没。液状化のような現象が各地で見られた。

 里塚地区にある生活道路では、大規模な陥没が確認され、規制線が張られ、重機などががれきの撤去に当たった。

 住民によると、この地域は川を埋め立ててできた土地で、揺れによって地下水が噴出し、水たまりができた。道路沿いの電柱は、根元がむきだしになっているものも。立ち並ぶ家屋は大きく傾き、土台部分がえぐられるように崩れていた。

 近くに住む男性は「午前中に見たときより、陥没が深く広くなっている。余震がきたらどうなってしまうだろう」と不安げに話した。

 規制線の中にあるアパートに住む会社員の田中佳代子さん(69)は「たまたま深夜までテレビを見ていたが揺れで体が浮くような感じになった。すぐにテーブルの下に隠れたが、ものすごく長い時間に感じた」と話す。アパートにそれほど傾きは生じなかったが「怖いので近くの公民館で泊まる」と足早に向かった。

このニュースの写真

  • 道路陥没、冠水の札幌市清田区「余震きたらどうしよう」
  • 道路陥没、冠水の札幌市清田区「余震きたらどうしよう」
  • 道路陥没、冠水の札幌市清田区「余震きたらどうしよう」
  • 道路陥没、冠水の札幌市清田区「余震きたらどうしよう」
  • 道路陥没、冠水の札幌市清田区「余震きたらどうしよう」

「ニュース」のランキング