産経ニュース

【北海道震度7地震】福島県、早朝からヘリ派遣 東北電力は管内7県から250人

ニュース 社会

記事詳細

更新

【北海道震度7地震】
福島県、早朝からヘリ派遣 東北電力は管内7県から250人

震度7の地震が発生した北海道厚真町吉野地区で、土砂に押し流された家屋の捜索をする警察官らと、それを見守る地元消防団員ら=6日午後(桐原正道撮影) 震度7の地震が発生した北海道厚真町吉野地区で、土砂に押し流された家屋の捜索をする警察官らと、それを見守る地元消防団員ら=6日午後(桐原正道撮影)

 北海道で震度7を記録した地震を受け福島県は6日午前7時半、総務省消防庁の要請で消防防災ヘリコプター「ふくしま」を福島空港から派遣し、秋田空港から丘珠空港(札幌市)まで秋田県の緊急消防援助隊隊員4人を輸送した。

 また、災害派遣医療チーム(DMAT)も待機体制に入った。

 一方、東北電力(本社・仙台)は同日、管内の東北6県と新潟県から職員250人を派遣。高圧発電機車、高所作業車それぞれ30台の計60台と被災地域に入り、北海道の電力早期復旧に向け活動する。

 福島県は午後1時、県庁に応援本部を設置、情報収集や関係機関との調整に当たるほか午後4時からは実務担当の関係課長会議を開催、状況報告のほか、今後の派遣などについて細部の対応を検討する。

「ニュース」のランキング