産経ニュース

死亡ひき逃げ容疑で留置中の74歳男が死亡 鼻と口にトイレットペーパー、自殺か

ニュース 社会

記事詳細

更新


死亡ひき逃げ容疑で留置中の74歳男が死亡 鼻と口にトイレットペーパー、自殺か

 3日午前8時15分ごろ、埼玉県警西入間署で、留置中の男(74)が意識不明の状態で発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。8月28日に道交法違反(過失運転致死)と同(ひき逃げ)の疑いで逮捕されていた。鼻と口からトイレットペーパーが確認され、自殺の可能性があるとみて調べている。

 同署によると、男が起床時間の午前7時に起床しないことから、留置管理の男性巡査が留置室に入り確認したところ、頭まで布団を被り、鼻にトイレットペーパーが入ったまま、意識不明の状態で発見された。搬送先の病院で気道などの口腔(こうくう)内からもトイレットぺーパーが確認された。男の部屋に同居人はおらず、支給品として1ロールのトイレットペーパーが配布されていた。

 同署では15分ごとに交代で留置室を巡回。午前6時45分にも布団に入っている状態を確認したが、声かけはしていなかった。生存を確認したのは前日午後9時の就寝時間だった。同署は「調査中のためコメントは差し控える」としている。

「ニュース」のランキング