産経ニュース

元交際相手の少年に懲役5~10年求刑 高3女子嘱託殺人 弁護側は保護処分求める

ニュース 社会

記事詳細

更新


元交際相手の少年に懲役5~10年求刑 高3女子嘱託殺人 弁護側は保護処分求める

 東京都立高3年の佐藤麻衣さん=当時(17)=に殺害を頼まれて実行し、自宅マンションに火を付けたとして、嘱託(しょくたく)殺人や現住建造物等放火などの罪に問われた元交際相手の少年(19)の裁判員裁判の論告求刑公判が3日、東京地裁(鈴木巧裁判長)で開かれた。検察側は「犯行は安易で短絡的」として懲役5年以上10年以下の不定期刑を求刑。弁護側は保護処分が相当と訴え、結審した。判決は7日。

 検察側は論告で「殺害以外の手段はいくらでもあったのに、被害者がなぜ死にたいかよく聞きもせず、依頼を受けて安易に殺害した」と指摘。被害者参加人の代理人弁護士は「被害者の命は戻らない。被告には刑務所で罰を科すべきだ」と述べた。

 弁護側は最終弁論で「動機や経緯は強く非難できない」として少年院で更生させるべきだと主張。最終意見陳述で少年は「少しでも変わって償っていきたい」と話した。

 起訴状によると、被告は昨年5月3日、佐藤さんの自宅マンションで、佐藤さんの首を腕で絞めて殺害し、翌4日に現場に火を付けたとしている。

「ニュース」のランキング