産経ニュース

横浜港で大量のコカイン 押収量は国内過去2番目

ニュース 社会

記事詳細

更新


横浜港で大量のコカイン 押収量は国内過去2番目

発見されたコカイン=31日、横浜市 発見されたコカイン=31日、横浜市

 横浜税関は31日、横浜港に入港したコンテナ船からコカイン約115キログラムが見つかったと発表した。末端価格は約23億円になるとみられ、コカインの押収量としては国内で過去2番目。

 同税関によると、船はコロンビアからパナマ、メキシコを経由し、横浜港に向かう途中で不審な荷物が見つかり、7月29日に船会社から同税関と海上保安庁に「薬物らしきものがあるので調べてほしい」と通報があった。

 横浜港に入港した8月6日、船の貨物スペースの通路にラップなどで約1キログラムずつに包装された固形物が置かれているのを確認。数は115個で、同税関の検査施設で中身を調べたところ、全てコカインであることが判明した。

 過去の押収量としては、平成25年11月に横須賀市などの海岸に漂着した計約118キロや、横浜港で28年9月にコンテナ船の中から見つかった約95キロなどがある。

このニュースの写真

  • 横浜港で大量のコカイン 押収量は国内過去2番目

「ニュース」のランキング