産経ニュース

恒久平和への誓い新たに 青森県戦没者追悼式

ニュース 社会

記事詳細

更新


恒久平和への誓い新たに 青森県戦没者追悼式

 青森県戦没者追悼式が28日、青森市のリンクステーションホール青森で行われた。参列した遺族ら約1250人が先の大戦で亡くなった県出身の約3万3100人の御霊をなぐさめるとともに、平和への誓いを新たにした。

 式では参列者が1分間の黙祷(もくとう)をささげた後、主催者を代表して三村申吾知事が「戦争の教訓を次の世代に継承し、世界の恒久平和に努力していく」と追悼の言葉を述べ、関係者が平和への祈りを込めて献花した。

 戦後73年が経過し、「平成」最後の戦没者追悼式とあって、参列者は改めて時代の移り変わりを感じながら平和への誓いを新たにしていた。父が戦死し、母を空襲で亡くしたという八戸市の奥田卓司さん(81)は「年号が変わってもさらに住みよい日本、世界の平和が続くことを願っている」と話した。

「ニュース」のランキング