産経ニュース

元埼玉県議を書類送検 政活費1200万円詐取、虚偽公文書作成疑い

ニュース 社会

記事詳細

更新


元埼玉県議を書類送検 政活費1200万円詐取、虚偽公文書作成疑い

 政務活動費約1200万円を不正受給したとして、埼玉県警が詐欺と虚偽公文書作成・同行使の疑いで、沢田力元埼玉県議(50)を書類送検していたことが27日、分かった。送検は24日付。容疑を大筋で認めているという。

 書類送検容疑は平成23~28年、自身の議員活動を報告するチラシの作製やポスティングなどの費用について、さいたま市のPR会社などに支払ったとする架空の領収書を所属する自民党県議団に提出。政活費を不正受給したとしている。

 県議団によると、沢田元県議は政活費の不正受給疑惑が浮上した昨年7月、一部の領収書の偽造を認めた上で約545万円を返還して議員辞職した。不正受給をめぐっては、さいたま市議らが詐欺罪などで県警に告発していた。

 沢田元県議はさいたま市議を経て23年に県議に当選し2期目だった。

「ニュース」のランキング