産経ニュース

【被害者・遺族は問う】(5)東京都文京区幼女殺害事件 松村恒夫さん(76)「世のおかしいものを直そうとやれることを」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【被害者・遺族は問う】
(5)東京都文京区幼女殺害事件 松村恒夫さん(76)「世のおかしいものを直そうとやれることを」

松村恒夫さんは刑事裁判の変化を「証拠品として扱われていた被害者遺族が裁判に参加できるようになり、当事者として認められたことは大きい」と話す 松村恒夫さんは刑事裁判の変化を「証拠品として扱われていた被害者遺族が裁判に参加できるようになり、当事者として認められたことは大きい」と話す

 《全国犯罪被害者の会(あすの会)の代表幹事を務めた松村恒夫さん(76)は、平成11年に当時2歳8カ月だった孫娘の春奈ちゃんを殺害され、突然、犯罪被害者遺族となった》

 春奈は、ビル屋上のクレーン車を見て「あのキリンさん、今日も仕事頑張ってるね」と言うような発想の豊かな子でした。事件直前、三輪車に乗っている様子をビデオに録画していました。なぜ、こんなかわいい子が…。

 《春奈ちゃんは同年11月22日、母親とともに兄を音羽幼稚園に迎えに行った後、行方不明となった》

 娘から「春奈がいなくなった」と連絡があり、あちこち捜し回りました。19日には春奈から「じいじ、幼稚園に受かったよ」とうれしそうな声で電話があったばかりでした。

 《公開捜査の末、音羽幼稚園に通う男児の母親が逮捕された。長女が春奈ちゃんと同じ幼稚園を受験し、不合格となっていたことから、報道が過熱した》

 「お受験戦争の犠牲者」と言われ、春奈の母親である娘が犯人をいじめていたという事実無根の報道をされました。それをうのみにした心ない匿名の手紙も届くようになり、娘は恐怖で外出できなくなりました。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング