産経ニュース

【文科省汚職】東京医大、裏口入学者どうする 減点不合格の救済は? 補助金減額や返還も…くすぶる火種

ニュース 社会

記事詳細

更新

【文科省汚職】
東京医大、裏口入学者どうする 減点不合格の救済は? 補助金減額や返還も…くすぶる火種

 事案の性質に応じて「10%減」「25%減」「50%減」「75%減」「不交付」の設定があり、どれに該当するかは通常の場合、有識者の議論を経て年明けに決まる。文科省幹部は「不正入試が常態化していた可能性が高く、悪質性は極まりない」とし、大幅減額になる見通しを示唆した。

 また文科省は同大に対し過去6年分の入試での不正の有無などを報告するよう求めており、不正が確認されれば過去にさかのぼって返還する事態にもなりかねず、返還額も巨額になりそうだ。

 13年に表面化した帝京大医学部が合格発表前に受験生の保護者から寄付金を集めていた問題では、過去5年間に交付された約64億円のうち約49億円の返還が命じられた。

 ■東京医科大の不正入試問題

 文部科学省の前局長、佐野太被告の息子が加点により合格したとされる問題を受け、東京医大の内部調査委員会が調査。昨年と今年の1次試験で受験生計19人に不正に加点していたことが判明。小論文を課す2次試験では全員に「0.8」を掛けて一律減点した上で、現役、1~2浪の男子に20点、3浪男子に10点を加点し、女子と4浪以上の男子に加点しなかった-ことが明らかになった。

「ニュース」のランキング