産経ニュース

羽田と高知往復の航空機から部品落下か 第3管区海上保安本部が発表

ニュース 社会

記事詳細

更新


羽田と高知往復の航空機から部品落下か 第3管区海上保安本部が発表

 第3管区海上保安本部(横浜)は18日、羽田航空基地と高知空港を往復した航空機の部品が脱落したと発表した。3管は飛行中に落下したとみて通過した自治体から情報収集しているが、被害の報告は入ってない。

 3管によると、航空機はボンバルディアDHC8-315。部品は直径約16センチ、厚さ最大約16ミリ、重さ約180グラムの樹脂製で、空気の流れを整えるため左プロペラに取り付けられていた。

 同機は17日午後2時ごろ羽田を出発、高知空港で離着陸訓練などをして同日午後7時50分ごろ戻った。18日の点検で部品がないことに気付いた。

「ニュース」のランキング