産経ニュース

児童買春などの元巡査長に執行猶予判決 千葉地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


児童買春などの元巡査長に執行猶予判決 千葉地裁

 女子中高生4人にみだらな行為をしたなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反罪などに問われた元千葉県警千葉南署地域課巡査長で千葉県袖ケ浦市の無職、赤塚信之被告(30)の判決公判が16日、千葉地裁で開かれた。本間明日香裁判官は「強い批判を免れないが、酌むべき事情も認められ、社会内で更生の機会を与えるのが相当」として、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。

 判決によると、赤塚被告は昨年9月と今年1月、18歳未満であることを知りながら、女子中高生4人にみだらな行為をしたほか、今年3月に児童ポルノDVD3枚を所持していたとしている。

 赤塚被告は今年5月、懲戒免職処分を受けている。

「ニュース」のランキング