産経ニュース

【栃木女児殺害】自白の根幹部分「信用できる」 殺害場所・態様の供述「被告が作り出した虚構の疑い」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【栃木女児殺害】
自白の根幹部分「信用できる」 殺害場所・態様の供述「被告が作り出した虚構の疑い」

栃木女児殺害事件の控訴審判決が言い渡された東京高裁102号法廷と藤井敏明裁判長=3日午前、東京都千代田区の東京高裁(桐原正道撮影) 栃木女児殺害事件の控訴審判決が言い渡された東京高裁102号法廷と藤井敏明裁判長=3日午前、東京都千代田区の東京高裁(桐原正道撮影)

 平成17年に栃木県今市市(現日光市)の小1女児を殺害したとして、殺人罪などに問われた勝又拓哉被告(36)を1審宇都宮地裁の裁判員裁判判決に続いて無期懲役とした3日の東京高裁判決で、藤井敏明裁判長は、自白の根幹部分について信用性を認める一方、「殺害の場所や態様に関する自白は、客観的状況と矛盾する可能性が高い」とした。

 藤井裁判長は1審を破棄した上で「間接証拠などから、被告が殺害の犯人だと認められる」として、改めて無期懲役を言い渡した。

 藤井裁判長は「1審はもっぱら、殺害を認めた自白が信用できるかどうかを検討しており、殺害の日時・場所を裏付ける証拠の検討が行われていない」と指摘。殺害の場所や態様に関する自白は、遺体発見現場や遺体の客観的状況に照らすと矛盾する可能性があり、「被告が作り出した虚構の疑いが否定できない」とした。

 1審については、取り調べの録音・録画を見た結果、「被告が自発的に供述しているととらえ、供述が虚構である可能性に思い至らないまま、信用性を認めた」としたが、「間接事実を総合すれば、殺害の犯人と被告の同一性は合理的な疑いを差し挟む余地なく認められる」と結論づけた。

「ニュース」のランキング