産経ニュース

【翻弄された諫早干拓】「堤防は暮らし守っている」「菅直人元首相がごちゃごちゃにした」諫早市民から歓迎の声

ニュース 社会

記事詳細

更新

【翻弄された諫早干拓】
「堤防は暮らし守っている」「菅直人元首相がごちゃごちゃにした」諫早市民から歓迎の声

諫早干拓にある畑にある蛇口から水を出す営農家の荒木一幸さん=長崎県諫早市(村上智博撮影) 諫早干拓にある畑にある蛇口から水を出す営農家の荒木一幸さん=長崎県諫早市(村上智博撮影)

 国営諫早湾干拓事業(長崎県諫早市)をめぐり30日、福岡高裁(西井和徒裁判長)は、潮受け堤防排水門の開門命令を無効とする判決を言い渡した。干拓地の農家や、堤防が持つ防災機能の重要性を訴えてきた地元住民は、歓迎の声を上げた。裁判に翻弄されてきた地元関係者が、思いを語った。(村上智博)

弁護団に振り回されている

 「今回の判決で、住民の悲願だった安全・安心な暮らしが実現できる」

 諫早市自治会連合会の古賀文朗会長(78)は、災害に悩まされてきた過去を振り返り、しみじみと語った。

 堤防閉め切り前、諫早では数年に1回、市内を流れる本明(ほんみょう)川などが暴れ、水害が発生した。「高潮と洪水は諫早の宿命だった」という。

 昭和32年に発生した諫早大水害では、500人を上回る死者・行方不明者を出した。「床下から迫り来る水は恐怖だった。部屋のカーテンを破ってロープ状にし、隣の家の屋根に逃げようとしたところで、水が引き出した」。鮮明に覚えているという。

 平成9年、全長約7キロ、高さ7メートルの潮受け堤防が完成し、高潮や水害の危険性は低減した。

 堤防内側の調整池(約2400ヘクタール)は、干拓地やその後背地で洪水が起きないよう、ダムのような機能を持っている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「堤防は暮らし守っている」「菅直人元首相がごちゃごちゃにした」諫早市民から歓迎の声

「ニュース」のランキング