産経ニュース

北海道新幹線のトンネルでコンクリ片落下 青森・今別

ニュース 社会

記事詳細

更新


北海道新幹線のトンネルでコンクリ片落下 青森・今別

青森県今別町の第2浜名トンネルの天井部分から剥がれ落ちたコンクリート片=29日(JR北海道提供) 青森県今別町の第2浜名トンネルの天井部分から剥がれ落ちたコンクリート片=29日(JR北海道提供)

 JR北海道は29日、青森県今別町浜名の北海道新幹線奥津軽いまべつ-湯の里知内信号場間の「第2浜名トンネル」出入り口で、天井部分から剥がれ落ちたコンクリート片が見つかったと発表した。けが人はなく、運行への影響もなかった。

 JR北海道によると29日午前9時50分ごろ、高さ約8・5メートルの天井部分から、上り線と下り線の間の地面に落下したコンクリート片2個(最大縦約30センチ、横約20センチ、厚さ約10センチ、重さ約5・8キロ)を保守作業員が発見。同社は周辺を点検し、他に異常がないと確認した。

 トンネルは昭和60年に完成。トンネルの出入り口に垂れ下がった植物のつるが架線に触れ、天井部分に高圧電流が流れたことが原因とみられる。

このニュースの写真

  • 北海道新幹線のトンネルでコンクリ片落下 青森・今別

「ニュース」のランキング