産経ニュース

床の隙間から火花落下、引火か 東京・多摩のビル火災 施行会社、昨年も出火

ニュース 社会

記事詳細

更新


床の隙間から火花落下、引火か 東京・多摩のビル火災 施行会社、昨年も出火

5人が死亡した火災現場。現場検証が行われていた =27日、東京都多摩市(荻窪佳撮影) 5人が死亡した火災現場。現場検証が行われていた =27日、東京都多摩市(荻窪佳撮影)

 東京都多摩市唐(から)木(き)田(だ)のビル建設現場で約40人が死傷した火災で、作業員がガスバーナーを使用していた地下3階の床の一部に隙間があったことが27日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課はガスバーナーの火花が隙間から落ちるなどし、床下の断熱材のウレタンに引火した可能性があるとみて、業務上過失致死傷容疑を視野に捜査している。

 施工者の安藤ハザマ(東京)は27日、記者会見を開き、昨年6月に江東区の解体工事で火花がウレタンに引火したとみられる火災を起こしていたと説明。再発防止の作業ルールを作っており、今回の現場での順守状況を確認するとした。

 多摩市のビル火災では、地下3階の下にあるウレタンが広範囲で焼けていた。地下3階でガスバーナーを使用した作業員は「引火しないよう周囲に防火シートを敷いていた」と話しているといい、同課は当時の状況を調べている。

続きを読む

「ニュース」のランキング