産経ニュース

【オウム死刑執行】解明なき終幕 「一つの区切り」「心残りも」 捜査・司法関係者の思いは

ニュース 社会

記事詳細

更新

【オウム死刑執行】
解明なき終幕 「一つの区切り」「心残りも」 捜査・司法関係者の思いは

確定した主な事件 確定した主な事件

 死刑が確定したオウム真理教元幹部ら6人の刑が26日、執行された。麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=ら7人の執行から20日。13人の死刑執行により、一連の事件の教団関係者全員の法手続きはすべて終結したが、刑事司法はオウムの真相に迫れたのか。

■目を背けた教祖

 元検察幹部(66)はほぼ不眠不休で現場指揮に当たった当時を振り返る。執務室に連日泊まり込み、「ひげをそる時間も惜しい」と麻原元死刑囚の起訴までひげを伸ばし続けた。

 黙秘を続ける信者から供述を引き出すため、捜査員には教義を頭に入れるよう指示した。一流大学を卒業したエリートたちがなぜオウムの教義にひかれたのか。元検察幹部は「若者たちが宗教に救いを求めるのは否定されるものではない。だが、純粋な信仰心を悪用することは到底許されるものではない」と語る。

 7年10カ月の1審公判で麻原元死刑囚は裁判から目を背け、事件と向き合った信者たちと対照的だった。

 「昔の弟子と直接対峙(たいじ)すれば、供述が変わるかもしれない」。東京地裁の裁判長だった三上英昭氏(73)が林郁夫受刑者(71)=無期懲役確定=の裁判で麻原元死刑囚の証人尋問を決めたのは、そんな思いからだったが、元死刑囚は下を向いて、英単語のような言葉をつぶやくばかり。林受刑者の「直接話してください」という呼びかけにも反応しなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 解明なき終幕 「一つの区切り」「心残りも」 捜査・司法関係者の思いは
  • 解明なき終幕 「一つの区切り」「心残りも」 捜査・司法関係者の思いは
  • 解明なき終幕 「一つの区切り」「心残りも」 捜査・司法関係者の思いは

「ニュース」のランキング