産経ニュース

元大阪市特別顧問の野村修也氏に業務停止1月 組合活動めぐるアンケート調査で

ニュース 社会

記事詳細

更新


元大阪市特別顧問の野村修也氏に業務停止1月 組合活動めぐるアンケート調査で

野村修也氏 野村修也氏

 大阪市が平成24年に全職員を対象に実施した組合活動に関するアンケートに、憲法が保障する団結権やプライバシー権を侵害する質問項目が含まれていたとして、第二東京弁護士会は17日、当時の市特別顧問で、アンケートを実施した第三者調査チームの責任者だった中央大法科大学院教授、野村修也弁護士(56)を業務停止1月の懲戒処分とした。

 アンケートは24年2月、約3万人を対象に記名式で実施。調査方法を問題視する声が上がり、未開封のまま廃棄処分とされた。

 同会は、22の質問項目のうち「特定の政治家を応援する活動に参加したことがあるか」「自分の納めた組合費がどのように使われているか知っているか」などの5項目が、職員の団結権やプライバシー権などを侵害すると認定。また、アンケートに添付された文書の中に「このアンケートは任意の調査ではありません」などと回答を強制したともとれる記載があったことなどから、責任者だった野村氏について「弁護士の品位を失うべき非行」に当たると判断した。

 同会によると、野村氏は「当時、職員の不祥事が多発していたこともあって、調査は有益かつ必要なものだった」と話しているという。

 当初の記事で、アンケートが実施されたのは、「橋下徹市長(当時)の指示」としていましたが、事実関係が違いましたので、この部分を削除しました。

「ニュース」のランキング