産経ニュース

トンネルじん肺訴訟で和解 札幌地裁で元作業員ら17人

ニュース 社会

記事詳細

更新


トンネルじん肺訴訟で和解 札幌地裁で元作業員ら17人

 トンネル工事でじん肺になったとして、北海道の元作業員らがゼネコン38社に損害賠償を求めた札幌地裁(武藤貴明裁判長)でのトンネルじん肺第5陣訴訟は17日、元作業員ら17人とゼネコン側の和解が成立した。原告側弁護団が明らかにした。

 和解が成立したのは患者10人と、死亡した3人の遺族7人。ゼネコン側が元作業員1人当たり900万~2200万円、総額1億8500万円の和解金を支払う。

 最近亡くなった患者1人の訴訟が残っているが、10月に和解が成立する見込み。原告らは平成28年3月、ゼネコン側に慰謝料など計4億6200万円を求め提訴した。

 弁護団は第6陣の提訴も予定している。

「ニュース」のランキング