産経ニュース

2004年の茨城大女子学生殺害認める フィリピン人男

ニュース 社会

記事詳細

更新


2004年の茨城大女子学生殺害認める フィリピン人男

 2004年1月、茨城大農学部2年の女子学生=当時(21)=が殺害された事件で、殺人と強姦致死の罪に問われたフィリピン国籍のランパノ・ジェリコ・モリ被告(36)は17日、水戸地裁(小笠原義泰裁判長)で開かれた裁判員裁判の初公判で通訳を介して「間違いありません」と起訴内容を認めた。弁護側は刃物による襲撃回数など一部の実行行為を争う方針を示した。

 事件発生から13年が経過した昨年9月、岐阜県内の工場で働いていたランパノ被告を茨城県警が逮捕。共犯としていずれも発生当時に未成年だったフィリピン国籍の34歳と32歳の元少年を国際手配しているが、事件後に出国しており、立件の見通しは立っていない。

 起訴状によると、元少年2人と共謀し、2004年1月31日午前0時から同6時半ごろにかけ、茨城県阿見町周辺の路上で女子学生を車に連れ込み、性的暴行を加えて首を絞め、同県美浦村の川岸で首を複数回にわたって刃物で切るなどして殺害したとしている。

 被告は事件当時、美浦村内の電器部品加工会社に勤務していた。

「ニュース」のランキング