産経ニュース

【横浜患者殺害】元看護師の女を逮捕 任意聴取には「別の患者にも入れた」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【横浜患者殺害】
元看護師の女を逮捕 任意聴取には「別の患者にも入れた」

逮捕された久保木愛弓容疑者。事件後もバスで出勤する様子がみられた=平成29年12月、横浜市鶴見区 逮捕された久保木愛弓容疑者。事件後もバスで出勤する様子がみられた=平成29年12月、横浜市鶴見区

 横浜市神奈川区の大口病院(現・横浜はじめ病院)で平成28年9月、点滴を受けた男性入院患者2人が中毒死した連続殺人事件で、うち死亡した男性患者1人の点滴袋に異物を混入し殺害したとして、神奈川県警は7日、殺人容疑で当時病院で勤務していた看護師の久保木愛弓(あゆみ)容疑者(31)を逮捕した。久保木容疑者は2人を含む4人の点滴への薬品混入を認めていることが判明。病院内で入院患者が相次いで中毒死するという特異な事件は、発覚から約1年10カ月を経て急展開を迎えた。

 調べによると、久保木容疑者は入院していた西川惣蔵(そうぞう)さん=当時(88)=の点滴袋に、医療器具の殺菌などに使う消毒液「ヂアミトール」を混入し、殺害したとしている。

 久保木容疑者はこれまでの県警神奈川署捜査本部による任意聴取に関与を否定していたが、一転、先月末に西川さんら2人の殺害について認めたほか、「別の患者にも(消毒液を)入れた」と供述。事件前に死亡した男女2人からも、ヂアミトールに含まれる界面活性剤の成分が検出されていた。

 事件は28年9月20日、病院から点滴に異物が混入された疑いがあるとの通報があり、同23日、死亡した八巻信雄さん=同(88)=の死因が異物混入による中毒死だったと県警が発表。その後、同18日に死亡した西川さんも司法解剖で中毒死だったことが判明し、連続殺人に発展した。

 八巻さんに使われた点滴袋は3連休の初日だった同17日午前、病院1階の薬剤部から八巻さんらの病室がある4階のナースステーションに運ばれた。西川さんの点滴袋が最後に交換されたのは同18日午前で、捜査本部はこの約1日の間に何者かが異物を混入したとみて捜査していた。

このニュースの写真

  • 元看護師の女を逮捕 任意聴取には「別の患者にも入れた」
  • 元看護師の女を逮捕 任意聴取には「別の患者にも入れた」
  • 元看護師の女を逮捕 任意聴取には「別の患者にも入れた」

「ニュース」のランキング