産経ニュース

【オウム死刑執行】「一つの区切り」坂本弁護士一家殺害事件捜査に関与の神奈川県警OB、複雑な思い 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【オウム死刑執行】
「一つの区切り」坂本弁護士一家殺害事件捜査に関与の神奈川県警OB、複雑な思い 

麻原彰晃死刑囚 麻原彰晃死刑囚

 オウム真理教による一連の事件で死刑判決が確定していた麻原彰晃死刑囚(63)=本名・松本智津夫=ら元教団幹部7人に6日、刑が執行された。神奈川県内では、平成元年に横浜市磯子区で坂本堤弁護士=当時(33)=一家3人が殺害されるという、オウムの凶行を象徴する事件が起きた。「後にも先にも、あれほど異例の捜査はない」。約30年の年月を経て迎えた一つの区切りに、元捜査関係者らが自戒を込めて当時を振り返った。

 ■総力挙げた捜索

 「『罪を憎んで人を憎まず』と言うけれど、この事件はどうしても人を憎んでしまう」。元同県警捜査1課の検視官で、一家の遺体の捜索に関わった佐藤孝博さん(70)は、そう語る。

 事件は平成元年11月に発生。「オウム真理教被害者の会」を組織し、オウムの活動を批判していた坂本弁護士と妻の都子さん=同(29)、長男の龍彦ちゃん=同(1)=が首を絞められるなどの暴行を受け、殺害された。

 室内にオウム真理教の紋章などが刻まれたバッジ「プルシャ」が落ちていたことから、当初から教団の関与が浮上。だが、逮捕までには約7年の年月がかかった。

 岡崎(現・宮前)一明死刑囚(57)らが一家をそれぞれ新潟、富山、長野の山中に埋めたなどと関与を自供。佐藤さんが遺体の捜索班への参加を知らされたのは捜索前日のことだった。当面の着替えなどを用意して、富山県へ捜索に向かった。

続きを読む

「ニュース」のランキング