産経ニュース

【目黒女児虐待】女児の足に重度の凍傷 冬の屋外に放置か 

ニュース 社会

記事詳細

更新

【目黒女児虐待】
女児の足に重度の凍傷 冬の屋外に放置か 

船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパート=5月7日午後、東京都目黒区(吉沢良太撮影) 船戸結愛ちゃんが暮らしていたアパート=5月7日午後、東京都目黒区(吉沢良太撮影)

 東京都目黒区のアパートで3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が十分な食事を与えられずに死亡した事件で、結愛ちゃんの足に重度の凍傷のような傷痕があったことが7日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁捜査1課は結愛ちゃんが真冬に屋外に放置されるなどの虐待を受けていたとみて、当時の詳しい状況を調べている。

 捜査関係者によると、結愛ちゃんの体には暴行によるとみられるあざが複数あったほか、足の裏に点状の傷痕があり、司法解剖の結果、重度の凍傷とみられることが分かった。逮捕された父親の船戸雄大容疑者(33)と母親の優里(ゆり)容疑者(25)はこれまでの調べで、「(結愛ちゃんが)泣きやまない時に、しつけとしてベランダに出していた」などと供述しており、冬の屋外に長時間、はだしで放置されたことで凍傷になったとみられる。

 結愛ちゃんは以前住んでいた香川県でも家の外に放置されているのが見つかり、児童相談所に2度、一時保護されていた。

 雄大容疑者らは結愛ちゃんに十分な食事を与えず、衰弱した状態で放置して死亡させたとして6日、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕されている。

「ニュース」のランキング